スポンサードリンク








スポンサードリンク

2007年08月20日

ベーチェット病の高校球児

ベーチェット病という病気を初めて知りました。

さっき見ていた24時間テレビでこのを抱えながら夢の甲子園出場した

愛工大名電高校柴田章吾くん。

彼は、中学3年の時にベーチェット病発病

それでも野球をあきらめず、甲子園という舞台に立つまで頑張ったのです。

感動しました。

そのベーチェット病とは、どんな病気なのか?

goo Wikipedia記事検索によると、http://wpedia.search.goo.ne.jp/search/%A5%D9%A1%BC%A5%C1%A5%A7%A5%C3%A5%C8%C9%C2/detail.html?from=websearch

ベーチェット病(Behet's disease, Behet's syndrome)は、

再発・寛解を繰り返す原因不明の慢性疾患で、自己免疫疾患の一つ。

古典的な膠原病には含まれないものの、膠原病類縁疾患と呼ばれる。

近年、その本体は血管炎であると考えられている。

主な症状としては、次のとおり

眼症状
日本では、ぶどう膜炎をおこす代表的疾患の一つである。

再発、寛解というこの疾患の特徴を最も適確に表現し、
患者は突然視力がなくなったり、また改善したりということを直接的に自覚する。

ぶどう膜炎があまり激しいと、肉眼で前眼房にたまる膿を視認できるという。

口腔粘膜症状
有痛性の口内炎(全身性エリテマトーデスの無痛性口内炎と対照的なので特に強調される)
が特徴であるが、一般的な原因によるアフタ性口内炎との鑑別は容易ではない。

ほぼ全ての患者に出現する。

外陰部症状
外陰部、つまり陰茎や陰嚢、大陰唇などに潰瘍が出現する。

これは特徴的で、しばしば患者が自らの病気を自覚するきっかけになったり、
診断のきっかけとなる。

皮膚症状
本症に特徴的な皮膚所見がおこるというわけではなく、結節性紅斑、血栓性静脈炎、
毛嚢炎様皮疹が合併する。

結節性紅斑はしばしば病勢と一致して増悪、寛解を繰り返す。

また、皮膚の過敏性がきわめて亢進しているのは本症に特徴的であり、
しばしば髭剃り後に顔が真っ赤にはれると訴えがある。

また、医療機関に受診し採血した後、針をさした部位が真っ赤に腫れ上がる(針反応)。

治療は、

皮膚症状など軽度の病態や寛解期にはコルヒチンなどを用いるが、
生命に影響を及ぼす臓器病変(副症状にみられるもの)や重篤な眼病変などでは
高用量のステロイドや免疫抑制剤を含む強力な治療を行う。

一度臓器病変をおこした場合や特殊型ベーチェット病の場合は、
寛解後も少量のステロイドを飲み続けることが多い(そうでないと容易に再燃する)。

難治性網膜ぶどう膜炎に対し抗ヒトTNFαモノクローナル抗体製剤
インフリキシマブを使用することもある。

予後は、

主症状に関しては、寛解・再燃を繰り返す事が多く、10年くらいたつと病気の勢いは下り坂となり、
20年くらいをこえるとほぼ再燃しないと言われている。

ただし眼病変については、治療が遅れるなどすると失明することもあり、
若年者の失明の重大な原因の一つである。

副症状、特にそれを主な病態とする特殊型ベーチェット病においては死亡する事もあるが、
韓国において2200人の患者を追跡した研究では、9年間で死亡例は7例に過ぎなかったとのことである。



posted by geitomo at 09:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | いいニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。