スポンサードリンク








スポンサードリンク

2007年08月23日

大人計画はクドカンの劇団だったんだ

大人計画ってキーワードを見て、???なんだぁ???
って思って調べてみました。

今、話題のあの人と関係アリですよ。

大人計画おとなけいかく)は日本の劇団。1988年、松尾スズキ作『絶妙な関係公演旗揚

大人計画 概要
大人計画』の名前の由来は、子供時代にいい思い出がなかったという松尾スズキが「初めから大人でいいんじゃないか」ということでつけたものらしい。

ブラックジョーク下ネタ、一般的に言われる「差別用語」などを駆使して人間の残虐性を身も蓋もなくさらけ出し、心理の奥底にある本音と建前、それによって生まれる社会の歪みを、冷静な観点から問い掛ける風刺的な作品上演している。

その作品群は、世間的にタブーと見なされるもの(精神・知的・身体障害、差別、性癖、特異体質など)を題材にしながらも、コミカルな作風に仕上がっている。観客の好みの分かれるところではあるが、人間や社会への悪意に満ちていながらも単なるパロディで終わらせず、一貫して本質を冷静に描き出そうとする姿勢に溢れている。

本公演以外にも、宮藤官九郎作、演出公演ウーマンリブ」や、松尾スズキによるプロデュース公演「日本総合悲劇協会」などの企画公演も定期的に開催。

また1995年、阿部サダヲ宮藤官九郎村杉蝉之介の3名によるコントユニット「グループ魂」を結成。後に皆川猿時三宅弘城も加入し、ロックバンドとしてライブツアーも行っている。

所属俳優も非常に個性的で、幅広い演技をこなす性格俳優が綺羅星のごとく揃っている。90年代小劇場演劇を代表する劇団

松尾自らが作詞を手がけた社歌がある。

中小規模の劇団にしては珍しく、芸能プロダクションとして、劇団員所属俳優のマネジメント業務も行っている。そのため「"劇団・大人計画"の団員ではないが、"芸能プロダクション・大人計画"には所属している」という俳優が数名存在する。例えば三宅弘城劇団ナイロン100℃の団員であるが、ナイロン100℃では劇団員のマネージメント活動を行っていないため、個人的に(芸能プロダクション大人計画とマネジメント契約を結んだ。結果、三宅ナイロン100℃劇団員であると同時に、大人計画所属俳優でもある、ということになる。



大人計画 俳優(※は劇団員ではなく、マネージメント契約のみ)

松尾スズ
宮藤官九郎
池津祥子
伊勢志摩
顔田顔彦
宍戸美和公
阿部サダヲ
正名僕蔵 ※
宮崎吐夢
猫背椿
皆川猿時
村杉蝉之介
田村たがめ
荒川良々
平岩紙
近藤公園
新井亜樹 ※
井口昇 ※
細川徹 ※
少路勇介 ※
星野源 ※
三宅弘城 ※(ナイロン100℃所属)


大人計画 かつて所属していた
温水洋一
山本密(現・山本大介
武沢物語(現・武沢宏劇団アーノルド主宰)

ウィキぺディア
http://wpedia.search.goo.ne.jp/search/%C2%E7%BF%CD%B7%D7%B2%E8/detail.html?from=websearch


posted by geitomo at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。